リアルウエスタン > COWBOY GEAR > ジーンズ > ジーンズにアイロン?
ジーンズ
本物のカウボーイのジーンズは?
Wranglerが愛用されるワケ
型番
サイズ
カウボーイの穿き方
ジーンズにアイロン?
リアルカウボーイの証

ジーンズにアイロン?

ジーンズに、スラックスのようにセンタープリーツ(折り目/Center Pleats)を入れるのが、カウボーイのおしゃれのひとつだ。ジーンズにフォーマルな装いをもたせている。1980年代の初め頃からアメリカで流行り始め、今ではカウボーイの間では一般的になっている。もちろん、入れない人も少なくない。

馬術競技会やダンスパーティに行くときには入れておこう。超有名なカントリー歌手のジョージ・ストレート(George Strait)が、センタープリーツを入れたラングラージーンズにタキシードの上着を合わせCMA(カントリー・ミュージック・アワード)の表彰式に登場した姿は奇抜だったが、何とも格好良かった。

ジーンズにセンタープリーツを入れる場合、スラックスと同様に縫い目を揃えてアイロンをあてる。通常のスプレー糊では直ぐに取れてしまうので、日本では入手しにくいがスプレー糊はHeavyタイプを使う。下で述べる方法で行えば確実だ。クリーニング店に依頼する場合、既に線が付いていると、ずれて2重に付けられてしまう場合があるので、注意が必要。

過去にベストジーニストに選ばれた梅宮辰夫さんが、その表彰式でセンタープリーツを入れたジーンズを穿いて来た。さすがと思ったが、会場では記者達に笑われ、本人はスタイリストが勝手にやったんだと説明した。本人はもちろん、まわりの誰もその意味を説明できない。アメリカから輸入している古着ジーンズにはセンタープリーツ入りが多いのが実情なのに、ジーンズを良く知っているはずのベストジーニストの主催者さえもフォーローできない方こそ、お笑いだった。

センタープリーツを入れる方法

雑貨屋などで売られている一番安い洗濯糊をバケツにたっぷり入れてぬるま湯で薄め、そこにジーンズをいれて糊を馴染ませる。 馴染んだら、軽く絞り干す。乾いたらスチームアイロンでプレスしてゆく。 糊の量によるが、ジーンズが乾いたとき床に立ててみてしっかり起つようであれば良いだろう。3、4回の洗濯、プレスで自然と白く線がついてくる。ただし、白線だけが残り、目立つ残るようになってしまったらフォーマルでは履かない。

クリーニング店でセンタープリーツをお願いする場合、ただ、糊付けしてセンタープリーツ入れてくださいと頼むと糊が弱い場合が多かったので、頼む時に思いっきり糊付けしてくださいと頼んだ方が良い。

ベイリーストックマンさんより


前へ    次へ

Copyright © 2000-2004 Real Western All Rights Reserved.
無断転載禁止